読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ〜でもねぇ、こぉ〜でもねぇ

十数年前にこんなタイトルのブログを書いてました。

年末を台湾で過ごす 〜街と人〜

今年のお正月は久しぶりに親戚一同が集まる会に出席して参りました。

毎年参加意欲はあるものの、仕事がかぶって行けないとか経済的な理由でなかなか行く事が出来ず…しかし今年はいろいろタイミングが合い出席が実現!

20名弱集まったのですが、これだけの人数が集まったにも関わらず気持ちの良い人しかいないのもすごいし恵まれているなぁと感じました。

思えば、昔から皆ずっと良い人だし仲も良い。
なぜその事に今まで気づかなかったのか。私の気持ちはこれまで常に外を向いていたのかもしれません。

いろんな出来事やタイミングのおかげで、家族や親戚と向き合えた気がします。
そして、私自身もやっと皆と向き合える様になったとも思いました。

家族や親戚と顔を突き合わせられる様な生き方してこなかったしなぁ…
皆にもきっとたくさんの心配を掛けてきたんだろうなぁ…
私も私自身と向き合って来なかったしなぁ…

この年齢になってやっと成人したという感覚です。遅くてごめんなさいm(_ _)m

 

さて、台湾旅行話のつづきです!

たった3泊4日の旅でしたが、私は台湾が大好きになってしまいました。

人が優しいのです。
日本人ってイライラしてるなぁ。

例えば、福岡は車の運転が荒いんですけど、その原因のひとつとしてクラクションを頻繁に鳴らすというのがあります。悪意のある鳴らし方…オラオラした感じですね。

台湾でもクラクションは鳴るのですが、悪意を感じません。「はい、そこ通るからどいてね〜」ぐらいの。

悪意って人に通じますよね。
その悪意を台湾では感じる事がほとんどありませんでした。日本にいる時の方が悪意を感じる。

そして、あちらの方は懸命に日本語を話そうとしてくれたり、話せない人は筆談をしてくれたり、とにかく親切でした。

そして、よく笑う。

これまで行った国では感じなかった事を、台湾ではたくさん感じました。

そして、感性が研ぎ澄まされる土地でもありました。

f:id:yuyol:20170105123045j:plain

こちらは西門を歩いて見つけたウォールアートストリートです。
リーガルウォールだと思われます。

f:id:yuyol:20170105123049j:plain

f:id:yuyol:20170105123047j:plain

ストリートアートだけでなく、現代アート作品が街の中に飾ってあったりします。
アートに寛大。

f:id:yuyol:20170105123050j:plain

また、↑こちらはパイプやアングルのお店で撮ったんですけど、日本ではあまり見かけない光景を目にする事が多いので、あちこちでアートアンテナが刺激されます。

f:id:yuyol:20170105123051j:plain

ちょっとした路地も気になっちゃうし。

f:id:yuyol:20170105123052j:plain

フォント及び漢字、看板や建築にも目がいっちゃうし。

f:id:yuyol:20170105123053j:plain

ホテルの壁だって撮りたくなっちゃう。

いつもと違う環境/景色に身を置くのって大事ですね。
そうする事で、見慣れたものの中にも新たな発見を見いだせたりします。

 

食、人、街、景色…どれも最高!

台湾を体感する事で知れる自分自身…みたいなものがすごくあって。
加えて新年の親戚一同の集まりも良い刺激になり、今年のスタートは特別なものとなりました。

遅ばせながら、今日はこれから今年の目標や年間スケジュールを作り、一年の見通しを立ててみようと思います。

改めまして、2017年もよろしくお願いいたします!!!!!!!

年末を台湾で過ごす 〜食〜

あけまして おめでとうございます
今年今年もどうぞ よろしくお願いいたします

 

2017年です!平成29年です!

今年は変化と順応が重要な年になりそうなので、今から心してその時に備えたいと思っております。

 

さて、早速ですが年末に台湾に行って参りました。
福岡から飛行機で2時間、片道チケット¥10,000代で行けちゃう台湾です。
まずは食レポから参ります。

f:id:yuyol:20170101130430j:plainこちらはチャイナエアライン機内食
チキンを選んだら親子丼が出てきました。そんなにお腹は空いていなくても、ついどんなものが出てくるのか気になって食べてしまうんですよね。

機内食を食べ終えて片付けが済んで間もなく、台湾桃園国際空港に到着。一日目の夜は「鮮定味」という海鮮居酒屋に。

予約時間より1時間以上早いのに、お店の方が快く案内してくださいました。

f:id:yuyol:20170101130741j:plain
店先に並べられている鮮魚たち。少々高めですが、調理法を選んでオーダーできます。

f:id:yuyol:20170101131155j:plain飲み物は自分で取りに行って、あとから精算となります。私は台湾啤酒というビールが好きなのでこればっかり飲んでました。

f:id:yuyol:20170101131217j:plain
ブレてますけど、海老の炒め物。
たっぷりの唐辛子とネギ!

f:id:yuyol:20170101131218j:plain
はまぐりの炒め物。
火を通し過ぎないはまぐりを食べたのははじめてです。

f:id:yuyol:20170101131219j:plain
大好きなしじみの醤油漬け。
これがあれば延々ビール飲めますね。ほぼ生なのでトロッとしてます。箸が止まらない。

f:id:yuyol:20170101131220j:plain
イカと青菜の炒め物。
ご飯3杯ぐらい行けます。

f:id:yuyol:20170101131221j:plain
蛙です。
よく言われる通り鶏肉に近い感じで美味しいです。海老と同じく、唐辛子&ネギたっぷり!

f:id:yuyol:20170101131222j:plain
麻婆豆腐。
こんなに美味しい麻婆豆腐は食べた事がないと娘絶賛。
ほぼ一皿一人で食べていました。日本で食べる麻婆豆腐より若干甘みがあり、するすると入っていきます。

f:id:yuyol:20170101131223j:plain
牡蠣の豆鼓炒め。
これにもお豆腐が入ってるんですけど味付けは全然違います。牡蠣は小さめですが濃厚でした。

f:id:yuyol:20170101131224j:plain
炒飯!
いやー家で作ってもこういう風に作れないんだよなぁ。プロの技と味付けです。

f:id:yuyol:20170101131225j:plain
牛肉と空芯菜の炒め物。
空芯菜っていくら食べても食べられるので不思議です。

f:id:yuyol:20170101131227j:plain
イカの炒め物。
炒め物の注文が多かったんですけど、どれも味付けが違うので余裕で食べられました。

f:id:yuyol:20170101131228j:plain
これもブレてますけど、蟹と玉子と野菜を炒めたもの。
味付け甘めで野菜がシャキシャキ。蟹をほじくっていると無言になりますよね。

f:id:yuyol:20170101131229j:plain
写真にはありませんが、お刺身にしてもらった鯛のお頭などを使ったお味噌汁みたいなスープ。お味噌の味は世界共通なのでしょうか、日本の白味噌と同じ味がしました。
鯛の出汁がよく出ています。スープをよく吸った揚げパンはお麩の様でした。

一日目からかっ飛ばして食べまくったんですけど、二日目の朝も朝市で食べまくります。豚足、角煮、春雨、おこわ、唐揚げなどをビニール袋に入れてもらい、近くの公園でいただきました。

台湾料理も中華ベースのオリジナルという感じなので、タイ料理と似ている料理が多いです。豚足や角煮などの煮込み料理は八角が効いています。

朝市の揚げ物屋さんは人気で、日本で言うさつま揚げに近い練り物を揚げたスティック状のものがあったんですけど、ガンガンにんにく効かせてて最高でした。朝からにんにく食べても気にしない。

f:id:yuyol:20170101131232j:plain
間食です。
フクロタケ的なきのこと排骨のスープ。排骨の出汁と薬膳ぽい香りがクセになります。

f:id:yuyol:20170101131233j:plain
ミニ魯肉飯。
肉の脂とたれがご飯にしみ込んでてたまりません。

f:id:yuyol:20170101131234j:plain
杏仁茶。
少々粉っぽいですが、ほんのり甘みを感じられる癒し系の飲み物です。

f:id:yuyol:20170101131235j:plain
厚揚げ。
日本の厚揚げよりずっと軽いのでほいほい口に放り込まれていきます。

f:id:yuyol:20170101131236j:plain
蒸したて小籠包。
お店によってつけるタレが違いました。ここのタレはにんにくと唐辛子風味。

f:id:yuyol:20170101131237j:plain
金柑茶。
茶葉がリプトンのTバックだったんですけど、金柑がこれでもかッ!って程たっぷり絞ってあって温かいジュースみたいで美味しかったです!これは何か新しい感動。

f:id:yuyol:20170101131238j:plain
これまた間食なんですけど、餃子のスープですね。
餃子の中身は肉、海鮮などがありました。とろみのついたスープです。

f:id:yuyol:20170101131239j:plain
こちらはワンタン麺。

f:id:yuyol:20170101131240j:plain
水餃子。
分厚くツルッとした皮の中には、ニラたっぷりの餡が入っていました。

f:id:yuyol:20170101131243j:plain
葱抓餅に玉子をトッピング。
不思議な食感。生地が層になるように焼かれています。胡椒たっぷり!

f:id:yuyol:20170101131247j:plain
西門にある「阿宗麺線」にて麺線を食す。
豚ホルモン+かつお出汁+柔らか麺。ホルモンはまったく臭みがない!トッピングに豆板醤的なものとにんにくとお酢がありました。

f:id:yuyol:20170101131248j:plain
はい、また間食。
肉ワンタン×汁なし麺。分厚い水餃子の皮も美味しいけど、薄皮のワンタンも好き。

f:id:yuyol:20170101131249j:plain
私はスープ好きなので、何かとスープばっかり飲んでました。
これは痩肉(赤身)のスープです。優しい塩気が胃に優しい。

f:id:yuyol:20170101131250j:plain
かと思ったら火鍋。
かなり薬膳な感じですが、気にせず食べられます。
赤のスープには血を固めたものが入ってますが、これも美味しいので大丈夫です。白のスープの方が飲みやすいという意見がありました。

f:id:yuyol:20170101131252j:plain
半熟玉子焼きトッピングをした魯肉飯。
魯肉飯もお店によって全然違うので、あちこちで試したい一品です。

f:id:yuyol:20170101131254j:plain
私のオススメ、鹹豆漿。
宿の近くに現地の方々が行列を作るお店がありまして、そこで買いました。めっちゃ美味い。
豆乳に酢を入れふわふわにしたスープって感じなんですが、ラー油とネギ&揚げパンが入ってます。朝ご飯にピッタリなので、お家でも作ろうと思います。

f:id:yuyol:20170101131255j:plain
空港のフードコートで食べた定食。
魯肉飯、四神湯、スペアリブ。四神湯は豚モツと蓮子、乾燥山芋などを煮込んだスープで、こちらもまたモツの臭みはゼロです。激美味。
スペアリブの味付けも絶妙で、ご飯が進みます。

ラストです。

f:id:yuyol:20170101131256j:plain
帰りのチャイナエアラインで食べた機内食
今回はフィッシュを選んでみました。謎の白身魚にうなぎの蒲焼きの味付けがされています。微妙に泥臭かったんですけど、食べられる範囲でした。

 

だいぶ撮り忘れた食べ物もあるのですが、総じてどれも美味しかったです!
それと、台湾料理は美味しさだけでなく健康も考えられているのでとても勉強になりました。

八角を使った料理や臭豆腐などのクセが強い料理もありますが、 スープ類に鹹豆浆やお粥など、優しい料理も存在します。

また、小さい椀で注文出来たりもするので、ちょこちょこ食いが出来るのも魅力的でした。旅行となると滞在期間は限られちゃうし、出来るだけたくさんの種類を食べたいと思うと、小さいサイズで注文出来ると助かります。

それでも、今回の台湾旅行で食べようと思っていたものの半分も食べられませんでした。あと2つぐらい胃が欲しいなー。

 

食以外にも台湾の良いところはたくさんあるので、後々書いていこうと思いますが、台湾はリピート決定国です。

今年中にもう一度行きたいな。

「こんな日が訪れるなんて…」

私事

最近夫の帰りが遅く、夜中に電話が鳴ったりメールがきたりしていて、何だろうなぁ?とは思っていたんだけど、明らかに夫は楽しそうだし、嫌な予感がするので思い切って聞いてみたところ…

 実は、仕事が終わってから無農薬野菜を売るバイトをしているそうで。
夜中の電話やメールはその仕事の社長からだと。

 

私「どの辺りで働いてるの?」
夫「野菜を運ぶのが主な仕事なので、この近辺を車でまわってる」
私「大きい会社?」
夫「いや、社長と二人でやってる」
私「え、起業したの?」
夫「もともとは社長が一人でやっていて、途中から手伝う事になって」

 

驚いたけど、この先もっと驚く事に。

 

私「社長って私が知ってる人?」
夫「知らない人だよ。27歳の女の子。夜電話やメールをするのは控えてもらうよ」
私「なるほど…最近テンションが高いのはそのせいだ」
夫「社長とは変な関係じゃないよ。若いのにすごいなって尊敬はしてるけど」

無農薬野菜を売る女社長27歳…
ん〜、あのテンションで何でもないって事はあり得ないと思う。
もうちょい突っ込んで話を聞いてみたところ…

 

夫「…でもさ、俺が楽しそうにしてたら家族も楽しいし悪い事じゃないよね?」
私「え?」
夫「だって若くてかわいくて尊敬出来る子なんてあまりいないし、今俺社長と仕事してるとすげー楽しいし」
私「やっぱり好きなの?」
夫「うん。今後は夜じゃなくて昼間メインでこの仕事やってこうと思ってる」

 

ええええええーーーーーーー!!!!!
開き直りやがった!!!!!
マジかよ、何それ、何だよそれー!!!!!

 

そんな会話を続けているうちに、更なる展開へ…

 

夫「っていうかさ、もう別れて」
私「は!?」
夫「嫌いになった訳じゃないし…迷ってはいたんだけど、やっぱり社長と一緒にいたいから」
私「いや、え、だって…え???」
夫「俺、社長のところに行きたいんだけど」

 

はぁぁぁぁぁぁ????????
今まで言葉を発する事が出来なかった私もついに夫に怒りをぶつけてしまいます。

しかしですね、酷い言葉ばかり吐いていると、どんどん自分が醜く見えてくる。
あぁ、これじゃあ社長に敵わないわ…こんな私じゃ捨てられちゃうよね…と、頭では分かっているんですけど、怒りをぶつけずにはいられず…

 

夫が出て行った後、悲しすぎて泣けなかった。
どうしよう…
私これからひとりぼっちだ。
子どもも進学で家を出ちゃうし。
老後、どうやって生きたらいいんだろう。
もう恋愛する程の気力も容姿も何もかもが失われてる。

絶望しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の「絶望しかない」という心のセリフを言い終えた瞬間、目覚ましが鳴り心臓バクバクさせながら夢から覚めたんですけど(夢オチごめんなさい)、実際に起きた事の様なダメージを受けて今に至ります。

しんどかったー!!!!!
夢とはいえめちゃくちゃリアルで、確かにこういう事が起きたとしても不思議じゃないし、いつかこういう日がくるかもしれない…といろいろなケースが起こり得る事を覚悟はしているものの…

 

27歳のかわいいやり手の無農薬野菜売る女社長…

敵わねぇ(笑)

無農薬野菜を扱う子だしさ、きっとあんな髪型でこんなメイクで、あの手のファッションで、笑顔も浮かぶよ、うん、確かにかわいい。
そんな子がリングに上がってきて対戦相手になったらと思うと耳キーンなるわ!

夢の中で開き直った夫が、途中野菜の知識を披露してくるシーンもありまして「この野菜にはこういう効能があって、油と一緒に調理する事でビタミンAが摂取しやすくなるんだよね」などとドヤ顔で説明してくるんですけど(上の会話でははしょりました)、あそこもつらかった!

いやもう、その知識、私が昔あんたに話したやつやん!と。
でもね、夫は私から聞いた話としては覚えてないけど、社長の話だと楽しくてちゃんと頭に入ってくる訳ですよ。

そういう描写が妙に現実的で、夢とは思えなかったです。

朝からとんでもないダメージ喰らった…

あと、この夢のおかげで自動的に夫の価値が上がっちゃって、今朝無駄に夫に優しくしちゃってたもんね。世話ないわ!

 

という訳で、私が朝からブログを更新するというだけで怪しいんですけど、先程見た夢の体感が薄れる前にどうしても書かずにはいられませんでした。

結果、この夢を見たおかげで私は家族を今まで以上に思いやる決意をするっていう良い展開にはなっているものの、朝から疲れたよ、もぉ!社長って誰だよ、もぉ!

鰯がまるまる太って脂がのってきた頃…生落花生の季節もやってきます

f:id:yuyol:20161013093214j:plain鰯のマリネです。
国産生レモン汁と自家製白ワインビネガーとローリエ、岩塩、オリーブオイル、国産にんにくのマリネ液に数時間漬け、仕上げに挽きたての胡椒をかけるだけです。

にんにくは生ですが、マリネ液に漬けておくと辛味が抜けます。

毎年この時期になると大量の鰯を買い込んで、お刺身で食べたり、マリネにしたり、アヒージョを作ったり、いろいろ料理して鰯を楽しみまくります。

ちょうどその頃になると、鳥取の友人から届くのです。
アレが…アレが届くのです。

f:id:yuyol:20161013093619j:plain生落花生&ゆかいな仲間達!

この生落花生、めちゃくちゃヤバいブツで、中毒性がハンパない。
基本、塩ゆでして食べています。
あまりに美味しすぎて、延々食べ続けてしまいます。

そしてこのゆかいな仲間達。どれも初見です。
今朝、ちょうど鼻風邪っぽいので効きそうなハーブティを探そうと思っていたところで、エキナセアのお茶が入ってるとか奇跡に近いです(エキナセアには免疫力UP作用があるそうです)。

日本酒キットカットは午後いただいて、たねバルたちは夜おつまみに…
いや、今晩は生落花生が待ってる…やっぱり先に生落花生を食べます。
瞬間的に食べきってしまうので、次の楽しみとしてたねバル達はとっておきましょう。

鳥取Y様、本当にありがとう!!!

そしてまとめて書いちゃいますが、先日Tさんからスウェーデンのお土産もいただきました。
スモークチーズ、ソーセージ(サラミなのかな?)、キャビア、ウィスキーなどなど。
私はキャビアを使った事がないので、どうやって使おうかいろいろ考えました。

結果…

f:id:yuyol:20161013094718j:plainホタテカルパッチョに使ってみました。
ソースはマスタードとカボス+岩塩と、マヨネーズ+生クリームの二種類。
ホタテは先にマリネしておきました。マリネ液は、カボスの絞り汁、岩塩、オリーブオイル、胡椒。

あちらでは、チョウザメの卵だけでなく、ししゃもの卵やいくらの卵の塩漬けであっても「キャビア」と呼ぶそうなので、これが一体何の卵なのかよく分かりませんが、恐らくししゃもじゃないかなと。

で、カルパッチョだけでは使い切れないし、スモークチーズなどもあるので、何とか美味しくいただく方法はないかと思考をこらした結果…

f:id:yuyol:20161013095104j:plainもはやパーティみたいになっちゃったので、誰か呼べば良かったです。
とは言え、来年こそ引っ越す予定なので、最近の我が家は人をお招きするモードではないので呼べません。ソファーの座り心地最低だし。

話を戻して、スモークチーズはもうそのままで十分美味しいのですが、ソーセージ?ハム?サラミみたいなやつと一緒に食べるともっと美味しかったです。
次回はピンチョスみたいの作ろうかなと思っています。

キャビアの方は、あさつきのペペロンチーノを一口サイズに置きその上に盛ったり、ゆで卵の塩気的な感じで使ってみました。
どちらも美味しかったです。

もう一品は、信頼している八百屋さんから仕入れたプチトマト+玉ねぎ+ピーマン+ガーリックパウダー+パウダーソルト+胡椒+オリーブオイルで和えて軽くトーストしたバケットの上にのせました。
今気づいたのですが、私これひとつも食べてません。誰かに全部食べられました。

久しぶりのブログ更新なので、まとめて書いちゃいましたが、秋はやっぱり美味しいものだらけですね。
「美味しい」を共有してくれる友人達に感謝です。
まだ美味しい仕返しをしなければならない友人達が多数いるので、覚悟して待っていてください。ぶちかましてやる!

『KYNE SOLO EXHIBITION』@TAG STÅ

アート 福岡

f:id:yuyol:20160228094629j:plain

f:id:yuyol:20160228094423j:plain

f:id:yuyol:20160228094426j:plain

f:id:yuyol:20160228094420j:plain

f:id:yuyol:20160228094415j:plain

f:id:yuyol:20160228094422j:plain

TAG STÅ
福岡県福岡市中央区春吉1丁目7−11 スペースキューブ 1F

父、来福

うどん 家族 福岡

以前も書きましたが、私達家族がバラバラになってしまってから、家族の結束は強くなり、会ったり連絡を取ったりする機会がグッと増えました。

今回は、父が単身で福岡に遊びに来ました。午後到着して、小腹を博多駅にある長浜ラーメン屋さんで満たし、ホテルにチェックインして父一旦昼寝。

夕食は私が10年以上通い続けているもつ鍋屋さん「七山」へ。

f:id:yuyol:20160226091006j:plain

f:id:yuyol:20160226091008j:plain

f:id:yuyol:20160226091009j:plain

上から「熟成牛タン焼き」、「七山秘伝のもつ鍋(混ぜもつ)」、「豚足」。

かれこれ十年以上七山には通っていますが、一番好きな博多もつ鍋屋さんです。
実は父、これまでもつ鍋は食わず嫌いだったそうで。今回、せっかくだから食べてみようと思いチャレンジしたところ、こんなに美味しいものだったのか!と感動していました。豚モツの臭みをイメージしていたみたいです。

翌日は、市内観光2階建てオープンバス『FUKUOKA OPEN TOP BUS』に乗って市内観光。私達夫婦も初です、このバスに乗るのは。

f:id:yuyol:20160226090943j:plain

この日の朝は雨が降っていたのですが、バスに乗る頃にはすっかり晴れていました。

f:id:yuyol:20160226090947j:plain

普段よりずっと高い目線で景色を楽しむ。
っつか、超寒ぃ…受付の方にいただいたホッカイロを使いましょ。

f:id:yuyol:20160226090954j:plain

博多駅です。大きい!

f:id:yuyol:20160226091000j:plain

こういうバスで低いトンネルをくぐるのってなんか好き。

f:id:yuyol:20160226091001j:plain

父には思っていた以上に楽しめてもらって良かったです。つづけて、私たち夫婦がハマっている「うどん 平」に天神から歩いて向かいます。

f:id:yuyol:20160226091003j:plain

まずはかしわ飯から。柚子胡椒と一緒に食べるのが好き

f:id:yuyol:20160226091004j:plain

「平」に来るお客さんのほとんどがこの「肉ごぼ天」を注文します。

f:id:yuyol:20160226091005j:plain

私はきつねおぼろにしてみました。「平」のおぼろは絶品。
福岡に来てからうどんに目覚めたんですけど、暇を見つけて年中食べに行っていますが、やはりここの「平」に敵うお店にはまだ一度も出会えておりません。

腹ごしらえを終え、父は一人で街を探索したいとの事で解散。
今晩の夕食は家で食べる事に。写真がないので献立だけ…

◆お刺身の盛り合わせ(白魚、鯛、ヒラメ、大トロ、ホタテ、自家製炙りしめ鯖)
◆野菜の揚げ浸し(なす、ごぼう、パプリカ2色、れんこん、こじゃが)
◆だし巻き卵(出汁はかつおでとりました)
◆土鍋炊きご飯
更に、和風ローストビーフやお煮しめも出そうと思っていたのですが、そんなに食べられそうもなかったので、上記だけがこの日の食卓に並びました。

翌日は父のリクエストで薬院大通り駅前の「エバー グリーン (EVER GREEN)」にてインドカレーランチを楽しみ、空港まで送り、お土産を買ってまた関東へ戻って行きました。

最近、父はいずれ福岡に住む事も考えており、私はもちろん夫もそれを望んでくれています。父のタイミングで好きな時にこちらに移住してくれたら良いし、今住んでいる場所を選んでもらっても良いのです。ただ、父が人生を楽しんでくれれば、それで良いです。

次回はまた山笠の頃に来るとの事なので7月ですね。また思いっきり楽しんでもらえたらいいな。

【秘密―かくす・のぞく・あばく】福岡アジア美術館

アート 福岡

f:id:yuyol:20160220111139j:plain

f:id:yuyol:20160220111343j:plain

f:id:yuyol:20160220111344j:plain

f:id:yuyol:20160220111345j:plain

f:id:yuyol:20160220111346j:plain

f:id:yuyol:20160220111347j:plain

f:id:yuyol:20160220111349j:plain

f:id:yuyol:20160220111348j:plain

f:id:yuyol:20160220111350j:plain

f:id:yuyol:20160220111351j:plain

f:id:yuyol:20160220111352j:plain

f:id:yuyol:20160220111353j:plain

f:id:yuyol:20160220111354j:plain

f:id:yuyol:20160220111355j:plain

f:id:yuyol:20160220111356j:plain

f:id:yuyol:20160220111357j:plain

f:id:yuyol:20160220111358j:plain

f:id:yuyol:20160220111359j:plain

f:id:yuyol:20160220111400j:plain

f:id:yuyol:20160220111401j:plain