私も料理する

f:id:yuyol:20170616092319j:plain

植物のある生活が好きです。

できれば種まきからはじめて育てて咲かせたいと先日も申し上げましたが、心底そう思っています。

 

近所にある信頼を置いている八百屋さんが週に一度、我が家にお野菜を届けてくれます。
ねぎと柑橘類以外は、八百屋さんにすべてチョイスしてもらっているので、毎週何が届くかとても楽しみ。

届いた食材と予算をもとに、1週間分の献立を考えます。これが結構大変。

 

仕事から帰って料理をする日は、なるべく簡単なレシピのものを。
無理はしたくないので疲れている日は因幡うどんや、近所の美味しいインドカレーをテイクアウトしたりします。

お休みの前日はゆっくり夕食の時間を楽しみたいので、例え仕事帰りであってもちょっと頑張った献立が理想。

休日は時間をかけてじっくり作る料理も良いし、ちょっと遠くまで足を伸ばして普段は手に入らない様な食材を探しに行ったりするのも楽しい。

 

仕事が忙しい期間はゆっくり料理をする時間が取れません。それがものすごいストレスです。
ゆっくり料理する時間=ゆとりがないって良くない。心が荒みます。

食材の組み合わせを考え、調理法を考え、盛り付けを考え、ひたすら考えながら手を動かし続ける。

この「考えてる時間」が日常生活のアレやコレから、思考を切り離してくれているのかもしれません。料理に限らず、趣味ってそうですよね。

   

世の中には料理の達人がたくさんいて、そういう方たちの話を聞いたり、見たり出来るのはとても勉強になります。

総じて皆さん”加減”を熟知している。

 

私は今晩、塩サバを焼くんですけど、ここで大事なのは焼き加減。

私は今晩、四川風麻婆豆腐を作るんですけど、ここで大事なのは調味料(特に花椒と片栗粉)の加減と、火加減。

 

”加減”を熟知するには、経験を重ねるしかないと思っています。体感を繰り返す。

 

さて、前回アップした『Cooked: 人間は料理をする』という番組(本も出てます)は料理を通して生き方について考えさせてくれる内容でした。

何度も観てるんですけど、観てるだけでやってる気になっちゃいけないので、得た知識を踏まえて改めて料理について考え、そして作り出していこうと思います。

 

でもその前に…

もう一回観ちゃおう。